人気の中古マンション購入 交渉権に優先順位はあるの?【D-LINE不動産】

「希望の物件をやっと見つけた!」

そのような場合でも、必ず購入できるとは限らないのが「住宅購入」の悩みです。

中古マンションの魅力は、新築では購入できそうにない立地などに購入できる機会も多いことです。

しかし新築マンションに比べ同じ条件で販売される数も少なく、同じように購入したいと考えている人がいる場合も少なくありません。

では同じように購入希望の重なった中古マンションは、どうやって購入者が決定するのでしょうか。

自分の希望する物件を購入するためには、購入の流れや購入が決まるポイントを押さえておくことが重要です。

中古マンションを購入検討している方には、知っておいてほしい情報を集めました。

中古マンションの契約までの流れ

中古マンションの購入順位の決定を解説する前に、中古マンションを購入するための流れをご紹介します。

新築マンションの場合とは違った点もありますので、注意が必要です。

1.購入の情報を集める・相談する

中古マンションの購入の場合、まずはどんな地域に住むのかなど、自分たちの希望をまとめましょう。

住む地域、利便性、求める広さ、どの位の資金であれば生活に支障がないかなど、各家庭によって違います。

特にどの地域で暮らすのかによっても、生活のしやすさは大きく変化します。

自分たちの目的をしっかりと持つことで、不動産会社に相談に行っても有効的な時間が過ごせます。

どこをこだわりたいのか。

ここまでは希望を下げられるなど、家族内でしっかりと意見をまとめておきましょう。

2.実際に暮らす物件を探す

家族内の条件のすりあわせなどの後は、実際に暮らすことになる物件探しに突入します。

自分たちの力だけでは、数多くある東京のマンション物件を調べることは不可能でしょう。

不動産会社の情報力やネットワークなど、活用しながら有効的に探しましょう。

販売されている中古マンションには、リフォーム済みのマンションから、リノベーション済みマンション、リノベーション可のマンションなど、様々なタイプが存在しています。

しっかりと中古マンションを、ご自身の目で確認すること。

中古マンションを見て・体感して感じたことを、今後の自分たちの生活に置き換えて想像してみましょう。

3.不動産会社スタッフの意見にも耳を貸そう

同行する不動産会社のスタッフは、豊富な中古マンション知識を持っています。

お客様の希望に合うよう、いろいろなアドバイスをしてくれます。

その意見の中には、専門的な知識を持っているからこそ分かることもあるのです。

疑問や不安はそのままにせず、しっかりと質問すること。

これが後悔しないマンション購入には大切なのです。

4.希望する物件の申し込み

希望する中古マンション物件が決定したら、次はいよいよ申し込みになります。

申し込みを行うことで、「購入したいという意思表示」になるのです。

この時に作成される書類が「買付証明書」です。

買付証明書とは、購入希望価格、代金の支払い条件、引渡し希望日などの基本的な購入条件を記載します。

その条件を元に購入の意思を伝え、個別交渉が開始されます。

それに合わせ資金計画の作成や住宅ローンの審査など、購入に対する準備を進めていきます。

ご希望の物件が決定しましたら、お申込みをいただき、再度資金計画の確認やご契約条件の調整、住宅ローンの仮審査、住宅ローンの事前審査など、購入の準備を進めていきます。

5.不動産売買契約を締結する

個別交渉が終了し売買条件が固まった場合、売買契約の締結となります。

売買契約書を作成し、購入物件や取引条件について重要事項の説明が行われます。

十分にご理解した上で、署名・捺印をし、手付金の支払いとなるのが一般的です。

この時に「重要事項説明書の交付」も行われ、物件についての詳細・権利関係・法律関係等について添付書面を用いて説明されます。

売買契約を結んだ後、ローン借入れの手続きなどの準備を行います。

 

このような流れをくむことで、中古マンションを購入することができます。

不動産の購入は、決して安い買い物ではありません。

「いい物件だから早く買わなきゃ」と焦る気持ちもありますが、立ち止まり、検討し、後悔のない購入につなげましょう。

中古マンションの購入希望者が重なった場合、どうなるの?

新築マンションの場合、先着順か抽選のどちらかで購入者を決めるのが一般的です。

物件の表示に「先着順受付開始」や「先着順受付につき~」などの記載がある場合は、先着順に購入者が決まるタイプとなりますので、早めに申し込みを済ますことが必要です。

一方中古マンションの場合、新築マンションとは違い「先着順」でないことが多いのです。

中古マンションの場合、「買付証明書」順で決定されるのが一般的です。

人気のある中古マンションの物件の場合、購入希望者が複数人いることは珍しくありません。

上の流れのように「買付証明書」が発行されるためには、いくつもの手順が必要となります。

その辺をしっかりと頭の中に入れ、購入に対する準備を進める必要があるのです。

また買付証明書の条件がほとんど一緒だった場合には、先着順となることが多いようです。

買付証明書順でない場合もあります

一般的には買付証明書の順にとご紹介しましたが、そうでない場合もあるのです。

それは購入の意思や希望だけではなく、様々な要因によって変化するということです。

例えば下の様に、

○ 住宅ローンの事前審査が通過した買主候補者を優先する。

○ 売買契約が先にできる人を優先する。

○ ローンなどを使用せず、一括払いで決済が早い人を優先する。

○ ローンが通過しないなどの事態が起きないよう、ローンの借入額が低いほうが優先される。

など、売主側の事情や都合によって、なにを重視するかが異なる場合もあるのです。

購入したい物件を購入できるタイミングを逃さないよう、

○ 仲介する不動産会社との連携を密にしておく。

○ 事前審査を早目の内に通しておくこと。

○ 契約日時の都合などをできるだけ売主に合わせられるよう、準備しておく。

などの配慮も検討しておきましょう。

物件購入を迷っている ベストな答え方は?

いろいろな中古マンション物件を検討していると、なかなかひとつに絞りきれないという場面もあるでしょう。

「物件自体は気に入ったけれど、もう少し周辺を調べてから購入を決めたい」、「物件について気になる点があり、その辺をしっかりと解消してから購入を決めたい」など、前向きには変わらないけれど即決できないというシチュエーションもあります。

実際にいい物件なのだが迷っている場合、「仮で押さえておけたら」という考えも浮かびます。

しかし中古物件の場合、同じ物件で販売されていることがないのが当たり前のため、仮押さえは難しいのが現状です。

「翌日までなら」など期限設定や短期間で決断を迫られる可能性もあることは、覚悟しておくことが必要です。

物件の気に入らない部分は、しっかりと伝えることも

例えば中古マンションを見学した際、気に入らない部分が見つかることも少なくはありません。

全ての条件が叶う物件を探すことは難しいかも知れませんが、どこまでが許容範囲なのかを相手に伝えることも、必要です。

どこがどう気に入らなかったのか、この条件は叶えたいなど、実際に見てから今までの希望が変化することもあります。

妥協できるポイントを探る、その条件に近い物件をスタッフも探すなど、今後の紹介にも反映されるのです。

相談をもっと便利に 「オンライン相談 開催中」

 

 

D-LINEでは会社内でも、オンラインミーティングやWeb会議などの積極的な導入を行っています。

お客様にももっと便利に、もっと気軽にご相談していただけるよう、「オンライン相談」を開催しています。

好きな時間に、自分な好きなところでリラックスしながら。

小さな子どもがいて、なかなか相談に出かけられない。気にせずに相談。

外出する必要もないので、時間も有効的に活用。

などメリットもいっぱいです。

担当スタッフと同じ画面を見て、最新の情報を共有しながら「物件相談ができる」サービスです。

下記フォームにてお申し込みください。

フォーム内の「オンライン打合せを希望する」にチェックを入れていただけますとスムーズな対応が可能です。

お気軽にご活用ください。お待ちしております。

 

メールでのお問い合わせ

下記フォームに必要事項をご記入の上、確認画面へ進んでください。は入力必須項目です。

お問い合わせ内容
お名前
住所  
電話番号 お電話でのご連絡をご希望の方はこちらにご記入ください。
メールアドレス 
オンライン打合せ
備考

当社の個人情報取扱の詳細については、[プライバシーポリシー]ページにてご確認ください。

「不動産を買う人の利益」を大切にしています

当社ou2(オーツー)株式会社は、木造注文住宅(クレバリーホームfor Tokyo)、リフォーム(アールツーホーム)、3-8階建て鉄骨住宅(M-LINE)、不動産・リノベーション(D-LINE)など総合住宅サービスを提供している会社です。

そして中古物件などを取り扱うD-LINE(不動産・リノベーション)では、「買う人の利益」を優先することを第一に「買主様に寄り添って仲介をするバイヤーズエージェント」を目指しています。

 

「買う人の利益」に対するこだわりのポイント

POINT 01

資産価値が下がりにくい物件をご提案いたします。

POINT 02

お客様にとって、得になるメリット情報をしっかりお伝えします。

◎リフォームローン、住宅ローンの選び方
◎民間、地方自治体、国の補助金制度
◎リノベーションの必要性とその費用

POINT 03

ご希望物件のネガティブ情報もしっかりお伝えします。

築年数、リノベーション向き不向、耐震、液状化、浸水リスク、維持管理にかかる費用など

POINT 04

必要であれば、ご購入+リノベーションをワンストップでご提案

リノベーションのご希望のお客様にはワンストップでご提案ができます。

購入物件の状況により、必要であればリノベーションのお手伝い

建築会社からスタートした私たちだからできる「不動産仲介とリノベーションを高品質に、ワンストップでご提供する」ことが可能です。不動産とリノベーション、両方の知識と業務ができる専門スタッフがお客様のお手伝いをいたします。

住宅のお悩み・疑問・お困りごとなど、お気軽にお声がけください。