東京で中古マンションを購入 プチ・フルリノベーションする【D-LINE不動産】

東京で新しい生活を考える時、まず必要なのは生活の基盤となる住居です。

新築マンションも選択種のひとつですが、「中古マンションを購入して、リノベーションをする」こともひとつの方法です。

物件の購入を抑えつつ暮らしやすい空間を作れる「リノベーション」。

ひとことでリノベーションと言っても、方法によって違いが現れます。

リノベーションをいろいろな方向から、ご紹介します。

後悔しない中古物件の購入を、D-LINEが応援します。

中古マンションのフルリノベーションとは

リノベーションは、今ある住まい環境を新築の状態より「向上させる」「価値を高める」など、いろいろな効果が期待できます。

特にフルリノベーションの場合、既存の建物に大規模な工事を行うなどの「スケルトンリフォーム」のよう工事を指します。

スケルトンとは英語で「骨格」を意味します。

住宅で言えば、柱や梁、床などの躯体部分を指しています。

簡単なリノベーションであれば手を加えない住宅の基礎である柱や梁など、建物の要となる部分を残し、建物を改修します。

そのため大規模に空間を一新させる、生まれ変わらせるなど、新たな空間を手に入れることも期待できます。

こんなことも可能 フルリノベーション

大規模な改修も可能なリノベーション。

購入した物件にプラスαすることで、新たな機能や価値を向上させることもできます。

○ デザイン性の高い空間に生まれ変わらせる。

○ 間取りや内装を自分らしく彩る。

○ 耐久性や耐震性を高めるための対策を施す。

○ 仕切りの壁をなくして、広々とした空間を作る。

など、ライフスタイルや生活環境に合わせて自由自在にアレンジが可能なのです。

プチリノベーションで快適なマンション生活を

空間を生まれ変わらせるフルリノベーションも魅力ですが、自分たちの予算に合ったリノベーションでも、快適な環境を手に入れることができます。

特に変化を実感できるリノベーションは、「床のリノベーション」です。

日本人の生活環境では、素足で日常を過ごすことも少なくはありません。

そのため床は、生活の中でも大きな要素を担っています。

床のリノベーション 種類を紹介

床のリノベーションと言っても、どの素材をセレクトするかによっても、大きく変化します。

ここではフローリングとして使われている床材の特徴を、ご紹介します。

違いを知ることで、選ぶ楽しさはもっと広がりを見せてくれます。

複合フローリング材

複合フローリング材は、単板(ベニヤ)木材を張り合わせ、1枚の板にした「合板」を使用します。

同じく集成材は、薄くした木版を接着剤で張り合わせ、ブロック状にした木材です。

一般的な住宅でも多く使用されており、なじみのある素材のひとつです。

複合フローリングの魅力は、何と言ってもお求めやすい価格設定です。

そしてキズや汚れに強く、手入れもしやすいことも、選ばれる理由のひとつです。

表面に天然木を貼り付けた単板タイプは、見た目にも高級感を感じさせてくれます。

無垢材フローリング

複合フローリング材が「人工的に作られた木材」とするならば、自然の恵みの集合体が「無垢材」です。

無垢材は、丸太から切り出した自然な状態のままの木材を指しています。

複合フローリング材は、人工的な素材のため、品質が安定している特徴を持っています。

一方無垢材は、切り出したままの素材のため、どうしてもひとつひとつの表情が異なります。

その表情も、年を追うごとに違う顔を見せてくれるという、魅力も持った素材です。

さわり心地も良く、温かみも感じられる空間を作ることができます。

カーペット材

カーペットは毛足が長い分、音の吸収などの面で効果を発揮してくれます。

保湿性もあり、ホコリの舞い上がりも軽減してくれるので、寝室や動き盛りの子ども部屋などで、その特徴を活かしてくれます。

しかし毛足の長さから、ダニや汚れもたまりやすいという弱点も持っています。

フロアタイル

木材や石材などを本物に近づけた製品が、フロアタイルです。

デザインも豊富にあり、水に強い、汚れにも強いなどの特徴もあります。

しかし保温性に関しては他の素材より低いため、素足だけで過ごす方には、おすすめしない素材かも知れません。

コルク

コルク材はクッション性も高く、小さなお子様などのいる空間に取り入れるなど、安全面も高い床材です。

粉砕したコルク樫の樹皮を圧縮してつくるコルクタイルは、転倒しても痛みを感じづらい素材のため、ご高齢の方の空間にもおすすめです。

またハウスダストも発生しにくいという魅力も持っています。

近年はフローリングの需要が高いため、和室のある住宅も少なくなってきています。

しかし畳の原材料である「い草」には、心を落ち着かせてくれる香りの効能や高い調湿機能・防音性能など良い部分もたくさんあります。

マンションの場合、和室のように大きな空間は難しいかも知れませんが、小さな小上がりなどを作ることで、デザイン性も高い空間も目指せます。

最近はカラーや形状も多様化しています。

モダンな印象のデザイン畳もありますので、新たな空間づくりに畳を取り入れてみませんか。

無機質な建物のマンション「無垢材」をリノベで活用

マンションは構造自体がコンクリートのため、木材住宅と比較するとどうしても無機質な印象も高くなります。

木材には、その素材から温もりや香りなど、快適な空間にしてくれるメリットもたくさんあるのです。

昔から日本の住宅で多く利用されている木材は、風土にあった空間を可能としてくれます。

それは木材の持つ特徴が、大きな要素を握っています。

○ 高い調湿性能

○ 消臭機能

○ 殺菌作用

など、生活環境を維持していく中で重要になる特徴が多いのです。

無垢材の持つ特徴「高いリラックス効果」

木材から出る成分には、私たちの健康にも大きな影響をあたえてくれます。

そのひとつが木材の香りの成分です。

木材の香りに多く含まれるセスキテルペン類は、呼吸数の減少や血圧・脈拍の低下、自律神経系の調整など、ストレスを軽減させる効果を持ち合わせています。

木材の香りなど嗅覚への刺激は、大脳辺縁系に作用し、人の感情や本能、記憶をコントロールし、日常の生活にもう潤いをあたえてくれます。

心身をリラックスさせるアロマオイルも同じ効果を持っています。

無垢材の持つ特徴「高い睡眠環境を作れる」

健康な体作りのためには、睡眠が欠かせません。

睡眠はただ眠るだけでは、効果的な睡眠とは言えません。

しっかりと「体力を回復できる睡眠=有効的な睡眠」となります。

睡眠にはふたつの睡眠があり、深い眠りの「ノンレム睡眠」と浅い眠りの「レム睡眠」となります。

眠っている間に、このふたつが数回くり返しています。

特にノンレム睡眠は、全部で4段階に分かれており、第3段階以上の睡眠を実現することで「よく眠れた」と実感できる睡眠になります。

そして夜の10時から夜中の2時の時間帯は、「ゴールデンタイム」と呼ばれており、睡眠の中最も成長ホルモンが分泌されると言われています。。

成長ホルモンは、子どもの成長や大人の細胞の修復や疲労回復など、幅広く私たちの体をサポートしてくれています。

マンションだからこそ、無垢材をワンポイントとして使用してみましょう。

相談をもっと便利に 「オンライン相談 開催中」

 

 

D-LINEでは会社内でも、オンラインミーティングやWeb会議などの積極的な導入を行っています。

お客様にももっと便利に、もっと気軽にご相談していただけるよう、「オンライン相談」を開催しています。

好きな時間に、自分な好きなところでリラックスしながら。

小さな子どもがいて、なかなか相談に出かけられない。気にせずに相談。

外出する必要もないので、時間も有効的に活用。

などメリットもいっぱいです。

担当スタッフと同じ画面を見て、最新の情報を共有しながら「物件相談ができる」サービスです。

下記フォームにてお申し込みください。

フォーム内の「オンライン打合せを希望する」にチェックを入れていただけますとスムーズな対応が可能です。

お気軽にご活用ください。お待ちしております。

 

メールでのお問い合わせ

下記フォームに必要事項をご記入の上、確認画面へ進んでください。は入力必須項目です。

お問い合わせ内容
お名前
住所  
電話番号 お電話でのご連絡をご希望の方はこちらにご記入ください。
メールアドレス 
オンライン打合せ
備考

当社の個人情報取扱の詳細については、[プライバシーポリシー]ページにてご確認ください。

「不動産を買う人の利益」を大切にしています

当社ou2(オーツー)株式会社は、木造注文住宅(クレバリーホームfor Tokyo)、リフォーム(アールツーホーム)、3-8階建て鉄骨住宅(M-LINE)、不動産・リノベーション(D-LINE)など総合住宅サービスを提供している会社です。

そして中古物件などを取り扱うD-LINE(不動産・リノベーション)では、「買う人の利益」を優先することを第一に「買主様に寄り添って仲介をするバイヤーズエージェント」を目指しています。

 

「買う人の利益」に対するこだわりのポイント

POINT 01

資産価値が下がりにくい物件をご提案いたします。

POINT 02

お客様にとって、得になるメリット情報をしっかりお伝えします。

◎リフォームローン、住宅ローンの選び方
◎民間、地方自治体、国の補助金制度
◎リノベーションの必要性とその費用

POINT 03

ご希望物件のネガティブ情報もしっかりお伝えします。

築年数、リノベーション向き不向、耐震、液状化、浸水リスク、維持管理にかかる費用など

POINT 04

必要であれば、ご購入+リノベーションをワンストップでご提案

リノベーションのご希望のお客様にはワンストップでご提案ができます。

購入物件の状況により、必要であればリノベーションのお手伝い

建築会社からスタートした私たちだからできる「不動産仲介とリノベーションを高品質に、ワンストップでご提供する」ことが可能です。不動産とリノベーション、両方の知識と業務ができる専門スタッフがお客様のお手伝いをいたします。

住宅のお悩み・疑問・お困りごとなど、お気軽にお声がけください。