リノベーションのクオリティを上げるポイントとは?【D-LINE不動産】

 

東京で新しい生活を始める。

そのためには生活の基礎となる「住居」はとても大切です。

今までは新築のマンションや一軒家などに注目が集まっていましたが、近年リノベーションをして自分らしい住まいを手に入れる方も多くなってきています。どうしてそんなに、注目を集めているのでしょうか。

それは新築とはまた違った、家づくりの楽しみ方を味わえるからです。今回は東京都心で暮らしやすい生活を!をテーマにリノベーションに注目してみましょう。

リノベーションでもいろいろな工夫やアイデアを取り入れることで、新築にはないクオリティを手に入れることも可能です。リノベーションの可能性をご紹介します。

~table of contents~

● 中古マンション×リノベーション 人気の理由とは?
● リノベーションのクオリティアップするためには
● リノベーションしやすい物件選びをしよう
● リノベーション済みマンションも方法のひとつ
● 相談をもっと便利に 「オンライン相談 開催中」
● 「不動産を買う人の利益」を大切にしています

 

中古マンション×リノベーション 人気の理由とは?

近年注目を高めているリノベーションですが、なぜ人気になっているのでしょうか。その人気の理由にせまってみましょう。

都心の利便性の良い立地で新築マンションともなると、価格も高くなるという部分もありますが、それよりも物件の数が少ないという特徴があります。都心部にアクセスの良いエリアや、駅から近いスポットは、すでに住宅や商業施設などたくさんの建物が立ち並び、新築物件を建てる余裕がないのが現状です。

そのため立地を重視するなら、新築よりも中古の方が選択肢は断然多くなります。中古マンションの場合、こんな便利な場所に?と思える物件に出会える可能性がグンと高まります。

利便性は同じなのに、新築マンションと比べリーズナブルな価格で提供されていることも多々あります。手に入れやすい価格で、その上自分たちのライフスタイルや価値観に合わせた住まいづくりができること。これがリノベーションの人気を高めている秘密のひとつです。

憧れている立地に近い環境が見つかりやすい

ライフステージに合わせて、間取りや内装にオリジナリティを出せる

大掛かりなリノベーションから、ライフスタイルに合わせたリノベーションなど、規模も自由自在

など、自分らしくオーダーメイドでリノベーションできるスタイルも、新しい住宅購入方法として注目を集めているのです。

リノベーションのクオリティアップするためには

新築マンションでの生活の魅力は、全てが新しいという部分でしょう。しかし新築マンションの場合、みんなが同じ間取り、内装のバリエーション、生活設備にいたるまで、あらかじめ決められたパターンとなります。そのため家事動線や使い勝手などに多少の不満があっても、そこで暮らしていくしかないのです。

同じ間取りであっても、そこで暮らす家族構成や年代によっても、求めるものや譲れないポイントは変化してきます。そういったそこで暮らす人の要望を、今ある物件に加えられるのが、リノベーションの醍醐味なのです。

リノベーションで理想の住まいにする!リノベーションで物件のクオリティをアップさせることもできるのです。

リノベーションでクオリティを上げるということとは

リノベーションの良さは、そこで暮らす人に合わせた形に変化できること。ライフスタイルや好みに合わせて住まいをデザインできることです。

ではリノベーションで物件のクオリティを上げるためには、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか。ここでは一つの例から、アイデアや工夫によってどう変わるのか、考えてみましょう。

ただの収納とクオリティの高い収納の違い

生活していく中で、収納は重要な要素となります。暮らしていく中でどんどん物は増えていきます。そんな時もっと大きな収納スペースがあったら、片付くのにと思う方も多いのではないでしょうか。

では実際に新しい生活の中に、大型クローゼットや玄関収納など、今までより収納力のあるスペースを作ったと仮定しましょう。しかし実際に生活していく中で、「数か月後には物があふれてしまっていた」というケースもよくあるものです。

収納スペースには、どう使うのか。どの動きに合わせた場所に収納を用意したら、使いやすいのかなど、収納に対するプランが重要です。収納のプランがないことで、何でも入れられる空間となってしまい、物があふれてしまうのです。ただの空間では、有効的に活用することはできません。

収納にプランを組み込むことで、ただ詰め込んでいた収納スペースが「生きる収納」へを変化します。これが収納のクオリティを上げるということです。

家のいろいろな空間をリノベーションでクオリティアップしましょう

家には収納だけではなく、キッチン、バス、トイレなど、日常生活を支える空間から、間取り、動線、採光、通気など快適性をアップさせるものなど、さまざまです。この工夫やアイデアを取り入れたら、クオリティが高まるというものでもありません。

それはそこで暮らす家族構成やライフスタイルなどによっても、違いが表れるからです。自分たちに必要なものをリノベーションで取り入れる。これが物件のクオリティをアップさせるためには、重要です。

リノベーションしやすい物件選びをしよう

実際に中古マンション×リノベーションと考えた時、リノベーションしやすいマンションとそうでないマンションがあるのが現状です。一見同じに見えるマンションでも、構造や築年数など、違いがあります。ここでは物件選びで気をつけておきたいポイントをまとめておきましょう。

マンションの構造でもリノベーションの自由度が変わる

マンションの多くは、鉄筋コンクリート造の建物が多く建てられています。

鉄筋コンクリート造とは、建物全体がコンクリートと鉄筋で強化されていることにより、「高い耐久性」を実現しています。鉄筋作った骨組みの周りをコンクリートで固めて作り、自由度の高い建物を提供しています。

一見同じように見える鉄筋コンクリート造の建物であっても、実は建てられている基礎構造には大きく違いがあります。基礎となる部分では、「ラーメン構造」と「壁式構造」に分けられます。

このふたつの構造はそれぞれの特徴を持ち、その構造によってリノベーションの自由度が段違いに変化します。

<ラーメン構造>

ラーメン構造は、大規模な工事も比較的行いやすい構造のため大掛かりなリノベーションも可能となります。建物の耐久性に配慮することで、コンクリートの間仕切り壁なども撤去することができ、間取りの変更などの自由度も高まります。

大きな広いリビングを作りたい。将来はバリアフリーにも対応させたいなど、オリジナリティのあるリノベーション向きとなります。

<壁式構造は>

壁式構造は、壁全体で建物を支えている構造です。そのため「高い断熱性・防音性」「優れた耐震性」など、性能面の高さという特徴を持っています。

一方リノベーションの目線で考えた場合、窓の追加や間仕切り壁の撤去など、空間の広さを変化させる大規模な工事は、行いにくいという一面を持っています。安定した性能を活かしつつ、暮らしやすいリノベーション向きとなります。

物件の建築年数によって、価格も安心性も変化する

自分たちのマイホームを手に入れる時、大きな壁となるのが購入費用です。

マンションの定義として、新築で建てられたマンションであっても、購入した時点から中古マンションという認識に変わります。そしてそれと同時に、マンションの価格は下がり始めてきます。どのくらいの築年数の物件を購入するべきか、判断の難しさが中古物件の課題かもしれません。

マンションの価格は、新築から5~10年は大きく価格が下がり始め、築20年くらいになると価格も安定してきます。そのため価格の安定しだす築20年くらいになると、物件の購入費用とリノベーション費用でのシミュレーションも立てやすくなります。

そして実際にリノベーションできる範囲は、建物の内側の範囲となります。家族が安心・安全に暮らせる住まいにするためには、建物の耐震強度やンションの管理状態、立地の地盤のチェックも重要です。地盤の強度やその地域の特徴は、地震など災害に対する耐性を高めてくれます。

リノベーション済みマンションも方法のひとつ

D-LINEでは、お客様のライフスタイルにマッチしたワンランク上のリノベーションから、プロの目で厳選した良い素材、良い商品を使用したリノベーション済み物件まで、幅広くサポートしています。

中古物件探しから資金計画まで、リノベーションに関わることすべてをサポートしています。お客様のご希望を100%かなえるための物件探しから、資金計画まで、プロの視点でトータルにサポートいたします。ぜひあなたの夢をD-LINEで叶えてみませんか。

不動産会社にもリフォーム会社にもない安心をご提供しています。

相談をもっと便利に 「オンライン相談 開催中」

 

 

D-LINEでは会社内でも、オンラインミーティングやWeb会議などの積極的な導入を行っています。

お客様にももっと便利に、もっと気軽にご相談していただけるよう、「オンライン相談」を開催しています。

好きな時間に、自分な好きなところでリラックスしながら。

小さな子どもがいて、なかなか相談に出かけられない。気にせずに相談。

外出する必要もないので、時間も有効的に活用。

などメリットもいっぱいです。

担当スタッフと同じ画面を見て、最新の情報を共有しながら「物件相談ができる」サービスです。

下記フォームにてお申し込みください。

フォーム内の「オンライン打合せを希望する」にチェックを入れていただけますとスムーズな対応が可能です。

お気軽にご活用ください。お待ちしております。

 

メールでのお問い合わせ

 

下記フォームに必要事項をご記入の上、確認画面へ進んでください。は入力必須項目です。

お問い合わせ内容
お問い合わせ内容

お名前
お名前

住所
住所

電話番号
電話番号

お電話でのご連絡をご希望の方はこちらにご記入ください。

メールアドレス
メールアドレス

オンライン打合せ
オンライン打合せ

備考
備考

当社の個人情報取扱の詳細については、[プライバシーポリシー]ページにてご確認ください。

不動産を買う人の利益」を大切にしています

当社ou2(オーツー)株式会社は、木造注文住宅(クレバリーホームfor Tokyo)、リフォーム(アールツーホーム)、3-8階建て鉄骨住宅(M-LINE)、不動産・リノベーション(D-LINE)など総合住宅サービスを提供している会社です。

そして中古物件などを取り扱うD-LINE(不動産・リノベーション)では、「買う人の利益」を優先することを第一に「買主様に寄り添って仲介をするバイヤーズエージェント」を目指しています。

 

「買う人の利益」に対するこだわりのポイント

POINT 01

資産価値が下がりにくい物件をご提案いたします。

POINT 02

お客様にとって、得になるメリット情報をしっかりお伝えします。

◎リフォームローン、住宅ローンの選び方
◎民間、地方自治体、国の補助金制度
◎リノベーションの必要性とその費用

POINT 03

ご希望物件のネガティブ情報もしっかりお伝えします。

築年数、リノベーション向き不向、耐震、液状化、浸水リスク、維持管理にかかる費用など

POINT 04

必要であれば、ご購入+リノベーションをワンストップでご提案

リノベーションのご希望のお客様にはワンストップでご提案ができます。

購入物件の状況により、必要であればリノベーションのお手伝い

建築会社からスタートした私たちだからできる「不動産仲介とリノベーションを高品質に、ワンストップでご提供する」ことが可能です。不動産とリノベーション、両方の知識と業務ができる専門スタッフがお客様のお手伝いをいたします。

住宅のお悩み・疑問・お困りごとなど、お気軽にお声がけください。